無料ブログはココログ

« 1人別枠方式 | トップページ | 保護司が足りない »

2012年7月11日 (水)

ライボー操作疑惑

ライボー不正操作疑惑については,話が大きく膨らみ,昨日の新聞では,イングランド銀行(英国の中央銀行)が関与していたのではないかとも報じられていました。

 

この不正操作問題,そもそもは,バークレーズ・バンク・ビーエルシーと英国金融サービス機構(FSA),米国商品先物取引委員会(CFTC,米国司法省が,バークレーズのトレーダーが金融取引で利益を得るためにライボーを不正に操作したことに関し,これら監督当局に29000万ポンドのペナルティーを支払うことで合意したという点に端を発しています。

 

ところで,このライボー(ロンドン銀行間取引金利),ローン契約なんかのドキュメントではおなじみの言葉ですが,正直言って,あまり深く考えたことはありませんでした。銀行同士で短期資金を融通しあう際の金利で,それが,いろいろな金融商品の指標として活用されているというぐらいの認識しかありませんでした。

 

ローン契約のドラフトを依頼された場合,タームシートに,

 

3か月円ライボー,+スプレッド○%」

 

などと書かれていると,契約書の利率の箇所には,淡々と,

 

「利率基準日の翌銀行営業日の午前10時(東京時間)までに,利率確認事務取扱者は,当該利息計算期間に関してその開始の2ロンドン営業日前の日の午前11時(ロンドン時間)現在のテレレート○頁に表示されているロンドン銀行間市場における円の3か月預金のオファードレート(小数点第5位以下を四捨五入する)を確認する。…」

 

などと起案してゆくわけです。中味についてはよくわからないけれど,要は,ある一定の時刻において,テレレートに表示されている指数を意味しているとの認識です。

 

このライボー,世界中で広く金融商品のいろいろな基準に採用されているわけですから,ライボーについて浅薄な知識しかない私であっても,

 

「一トレーダーだけの関与で,数字が動くわけがない。」

 

ということくらいは,簡単にわかります。

 

 本日の日経朝刊では,次のようなメールのやり取りがあったと書かれていました。

 

 トレーダー:「この高い金利があるべき姿なのだろうが,このままでは死んでしまう」

 マネジャー:「彼に低くしろと言えばいい」

 LIBOR担当者:「やってみましょう」

 

 しかし,この三者のやり取りだけで数字が動くわけがない。ライボーは,複数の銀行が英国銀行協会に金利を自己申告し,算出しているわけですから,最低限,他の数行に働きかけて,申告金利を操作しないと,思惑通りの数字にはならないでしょう。

 

 依頼に応じた他行からしたら,今回は貸しをつくった,次回,うちが困ったときはお願いね,などという構造だったような気がします。星の貸し借りをする八百長のようなものだといったら,安易な推測でしょうか。

 

 いずれにせよ,一トレーダーだけの不正で数字が操作できるわけはないということで,英国中央銀行が関与していたのではないかという疑惑が現在生じています。同行副総裁は議会で疑惑を全面否定しているようですが,今後,どこまで話が広がるのか,真相解明に至るのか,興味がありますね。

 

hy

« 1人別枠方式 | トップページ | 保護司が足りない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事